FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
9月7日、空は無事日本の地を踏むことができました。
今まで空を支えて下さった皆様のおかげです
そして、空にNew Heartをプレゼントして下さったドナーの方とそのご家族のおかげです。
改めてドナーの方の御冥福をお祈りするとともに、深い尊敬と感謝を捧げます。

皆様、本当にありがとうございました。

無事成田に到着

空港で、救う会の皆さんとたくさんの報道の方々に出迎えられ、空も家族もびっくり!
思わず涙ぐんでしまいました。

7日は都内のホテルに1泊し、8日に東大病院へ検査入院しました。
早速血液検査、心肺機能検査、心エコー、心電図検査を行い、翌9日には移植後6か月目の心筋生検と冠動脈造影検査、心臓カテーテル検査を行いました。

帰国のストレスのためか、免疫抑制剤の血中濃度が若干下がっていましたが、そのほかは異常なく、拒絶反応もありませんでした。

10日に退院し、病院近くに宿泊して、12日は筑波記念病院へ御挨拶に行きました。
院長先生はじめ、末松先生、病棟のスタッフの皆さんが帰国を喜んでくださいました。
(写真が添付できなくて残念です。ごめんなさい。)

筑波記念病院のおかげで、空は補助人工心臓(VAD)を付けることができ、
良い状態を保って渡航・移植を受けられました。
皆さんの熱心な看護と治療、リハビリに感謝しています。
院長先生、末松先生、そしてみなさん、ありがとう!

宿泊先から車で送迎して下さった伊東さんも、「こんな暖かい病院は初めてです」と感動していました。

13日は休息を取り、14日に念願の山梨に帰ってきました。
生まれて初めて特急あずさに乗って山梨に・・・。
車窓に緑の山々が見えると、「やっと帰ってきたね」と囁き合いました。

甲府駅で、救う会代表と会計さん、父親に迎えてもらい、県知事さんにごあいさつ。
そのまま南アルプス市長さんにもご挨拶をし、救う会の事務局に向かいました。

おへそにて

事務局メンバーの皆さんとサポートして下さった方々が、お忙しい中空を迎えて下さいました。
活動中に生まれた楓ちゃんも一緒に記念写真。
嬉しい嬉しい一日でした。

ここへ来るまでの長い道のりを振り返ると、沢山の思いがあふれてうまく言葉にできません。
この世のすべてに感謝しています。
本当にありがとうございました。

今後も免疫抑制剤を一生飲み続けますし、そのために感染症にかかるリスクを抱えて生きることになります。
風邪や過労、傷は命取りになるので、細心の注意が必要です。
また、拒絶反応の有無を心筋生検で定期的に検査していきます。
当面は月1回の東大病院通院で、経過を見ていきます。

これからも、空と私たち家族を温かく見守ってください。
宜しくお願いします。

                        -母ー
2011.09.17 Sat l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。